【丸ペンチ練習】真鍮のうねうねリングの作り方

2021-03-21Step.1,リング・指輪,真鍮

今回は丸ペンチ(丸ヤットコ)を使って、うねうねしているリングを作ってみます。

ジュエリーなどでもレース模様を表現するときなどに、線材を図面通りに曲げて作ることがあります。丸ペンチで曲げていくリングを作ってその雰囲気を掴んでいけたらと思います。

簡単に作れるので、スキマ時間にでもチャレンジしていただけたら光栄です。

真鍮線のうねうねリング 完成イメージ

使用する道具・材料

指輪を作る彫金道具一式

リングを作る基本的な道具に加えて、丸ペンチを用意します。丸ペンチと言っても100円ショップに売っているもので十分です。

100円ショップの丸ペンチ

パーツを組み合わせて作るハンドメイドアクセサリーをされている方なら、工具箱に入っているのではないでしょうか。

こちらを使って、槌目のような模様もつけられるので、マンションなどで騒音が気になる方にはおすすめな方法です。

真鍮のうねうねリング 作り方の手順

丸ペンチで線を丸ていく

真鍮線を丸ペンチで曲げる

丸ペンチやヤットコを使って波を作っていきます。一周ウネウネにするよりも半周くらいにしておいた方が収まりが良さそうですが、こちらはお好みで変えていただけたらと思います。

ボコボコになったので整える

真鍮線に槌目をつける

曲げていくとボコボコになるので整えます。今回は金鎚で叩いて整えましたが、ヤットコで曲げて調整してもOKです。

うねうねの波ができました。波長は大体揃っていた方がデザイン的に良さそうです。

曲げた真鍮線をリングにする

ロウ付けの場所は波がない方が作りやすいので、半分は真っ直ぐなままにしておきました。

ロウ付けをする

ロウ付けしてリングにする

作りたいサイズに合わせて材料をカットして、ロウ付けする境目をぴったり合わせます。

ここからはいつものリング作りと大差ありません。

材料の計算は下記の式で求めます。

材料の計算方法:(作りたいサイズのリング内径+板厚)×円周率=必要な材料の長さ

参考:【自作リング】必要材料の計算方法・ワックスの比重計算方法

ロウ付けする

ロウ付けは3分ロウを使います。特に難しいところはないですが、たまに波がバネ状になってしまい、火を当てると変形してロウ目の合わせがずれてくることがありますので注意です。

芯金棒で丸く整えて指輪にする

ハンドメイドの真鍮線のリング

いつものように芯金棒に入れて木槌などで叩いていくわけですが、叩きまくるとどんどん波長が緩くなって、サイズがどんどん大きくなってしまっていますのでご注意ください。軽く歪みをとるくらいでやめておいたほうが良いと思います。

仕上げる

うっすら槌目を入れたハンドメイドリング

今回はそのままにしました。(手抜きではない。!)ピカピカに磨く際は紙パックを使うと早く鏡面にできそうです。

【丸ペンチ練習】真鍮のうねうねリングの作り方 まとめ

丸ペンチ・ヤットコでうねうねのリングを作ってみました。

5分くらいで作れますので、初心者の方にもおすすめです。また、真鍮のハリガネにしては雰囲気があって、ハンドメイド作品を作った!という満足感があります。

ぜひ作ってみていただけたら嬉しいです!

ツウクルのTwitterでは、小ネタや裏技を多数ツイートしています!ぜひフォローいただけたら幸いです。